スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6話 三度差し出された「封筒」 ソヌ・カンとスヒョン その1

  • 2007/10/03(水) 00:00:00

貧しい小作農の子に生まれたイ・スヒョンにとって、いくら頭が良くても、この時代、中高等教育を受けることは、本当は望むべくもないことでした。農作業の手伝いをしながら、日本の尋常小学校にあたる普通学校(6年間)を修了するのが精一杯だったと思います。
しかし、幼い頃から頭脳明晰で聡明なスヒョン@リュジン氏(リュジン氏、いつも賢い役ばっかり!)は、地主のソヌ・カンに目をかけられます。

kyonsu_kansuhyon_9.jpg

物語の舞台となった1937年の時点では、ソヌ・カンの屋敷は、京城市内の洋館となっていますが、スヒョンやワン@カン・ジファン氏の少年時代には、京城から少し離れた農村(近くに海もある)の伝統的韓屋でした。

地元で普通学校を終えたスヒョンは、ソヌ・カンの援助で、京城市内の京城第一普通高等学校(高普)に入学、ワンと一緒に実家を離れて京城市内に下宿しています。(これだけでもスゴイこと)

夏休みで地元に戻ったある日、父とともに、ソヌ・カンの屋敷に呼ばれたスヒョンに、ソヌ・カンは一通の「封筒」を差し出します…。

スポンサーサイト

続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。