スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1919年3月1日 三・一独立宣言

  • 2008/03/01(土) 00:00:00

삼일독립선언

89年前の3月1日、京城のパゴタ公園(現在のタプゴル公園)に宗教指導者ら33人が集まり、「独立宣言書 독립선언서」を読み上げて、日本の植民地支配に対して独立を宣言することが計画されました。実際には仁寺洞の料理屋、泰和館 태화관(現在は泰和館キルという地名がのこっている)で宣言文が朗読され、万歳(マンセー)三唱が行われました。

kyonsu_3_1_1.jpg

スポンサーサイト

続きを読む

関釜フェリー 『京城スキャンダル』への旅 その2

  • 2008/02/28(木) 00:00:00

乗った!揺れた!着いた!編です~

「18:20分までに戻ってきてください」と言われていたので、下関見物と軽い夕食を済ませて、フェリーターミナルへ。定員400人余りの「はまゆう」ですが、フェリーに乗り込もうとしているのは、100人弱でしょうか。大部分は韓国の人たち。ターミナルは、すでに国境の向こう側のようです。
乗船手続き、出国審査を終えて、フェリーに乗り込み。近いとはいえ、今回は初めての船での海外行きなので、大部屋ゴロ寝の勇気がなくって、1等の2人部屋をシングルユースで予約しました。(13,500円)

kanpu_8.jpg

続きを読む

関釜フェリー 『京城スキャンダル』への旅 その1

  • 2008/02/27(水) 00:00:00

山口県で仕事をする機会があったので、下関まで足をのばして『京城スキャンダル』時代に日本と朝鮮の行き来に使われていた関釜航路を辿って釜山に行ってみることにしました。

関釜航路の歴史は、以前「『京城スキャンダル』への旅~関釜航路と京義線」で書きましたので、詳しくはそちらを読んで下さい。

kanpu_1.jpg

続きを読む

2・8独立宣言を知っていますか?

  • 2008/02/08(金) 00:00:00

スヒョンとワン、そしてソンジュとヨギョンの運命をも変えてしまった、10年前の事件。ソヌ・ワンの兄ミンの死は、東京留学中の出来事でした。スヒョンとミンの事件のあと、ワンも東京に留学したようですが、1年で帰国したというエピソードが語られていました。

1917年のロシア革命、1918年にはアメリカのウィルソン大統領が「民族自決の原則」を発表し、日本でも富山県の女性たちが米の高騰に抗議したことを発端とする「米騒動」が起こり、のちに「大正デモクラシー」とよばれた、民衆運動の高揚期…。

kyonsu_dokuritu2_8_4.jpg

続きを読む

『京城スキャンダル』への旅~関釜航路と京義線

  • 2008/02/03(日) 00:00:00

水曜日の夜、いつものように同居人と『京城スキャンダル』衛劇版を見ていたら、第12話、ちょうどソヌ・ワンが上田ミユキ嬢と日本に行くシーンでした~。そういえば、第1話では夜の釜山駅にソヌ・ワンがいて、ヨギョンとワンの初めての出会いは京城駅のホーム…。そしてラストシーンも…。

kyonsu_tabiji_1.jpg

続きを読む

エムルダンと義烈団 朝鮮革命宣言の世界 2

  • 2008/01/31(木) 00:00:00

第2話回想シーンで少年スヒョンが読んでいた『朝鮮革命宣言』…10年後の1937年、カン・イノがエムルダンのアジトで読んでたのも『朝鮮革命宣言』でした。(第4話)

kyonsu_iyorudan_16.jpg

『朝鮮革命宣言 조선혁명선언』とは、1923年に義烈団のリーダー金元鳳(キム・ウォンボン)の依頼で申采浩(シン・チェホ)が起草した義烈団(의결단 ウィヨルダン)の綱領的文書です。

続きを読む

エムルダンと義烈団 朝鮮革命宣言の世界 1

  • 2008/01/29(火) 00:00:00

第11話ラストで、エムルダンの首長の正体が明らかになりましたが、この「エムルダン애물단」とはどのような組織なのでしょうか。
※衛星劇場で放送中の『京城スキャンダル』では日本語字幕が愛論団(アイロンダン)になっていますが、ここでは韓国版の発音どおりエムルダンとしています

kyonsu_iyorudan_1.jpg

続きを読む

諧和堂 ヘファダン と V narod運動 その2(修正・追記あり)

  • 2007/12/20(木) 00:00:00

V narod(ヴ・ナロード)運動が植民地下朝鮮半島でのハングル識字運動だということは知らなかったのですが、ヴ・ナロードという言葉自体は、聞いたことがありました

kyonsu_takuboku_8.jpg

石川啄木(1886~1912)が詠んだ、この歌…

◆はてしなき議論の後◆

われらの且つ読み、且つ議論を闘わすこと、
しかしてわれらの眼の輝けること、
五十年前の露西亜の青年に劣らず。
われらは何を為すべきかを議論す。
されど、誰一人、握りしめたる拳に卓をたたきて、
‘V NAROD!’と叫び出づるものなし。

われらはわれらの求むるものの何なるかを知る、
また、民衆の求むるものの何なるかを知る、
しかして、我等の何を為すべきかを知る。
実に五十年前の露西亜の青年よりも多く知れり。
されど、誰一人、握りしめたる拳に卓をたたきて、
‘V NAROD!’と叫び出づるものなし。

続きを読む

諧和堂 ヘファダン と V narod運動 その1

  • 2007/12/19(水) 00:00:00

ずっと気になっていた、ヘファダンの壁の真ん中に堂々と掲示されているハングルで書かれたスローガンらしきもの…
先日ポクギさんからコメントをいただき、「謎」が解けました!(ありがとうございました!)

kyonsu_vnarod_1.jpg

そこに書かれているハングルは…

배 우 자!
 가르키자!
다 함께
브나로드!!

続きを読む

玄界灘 「死の讃美」(追記あり)

  • 2007/12/08(土) 00:00:00

スヒョン@リュジン氏とVIPルームで会い「敵として会い、銃を向け合う状況になること」が遠からずやってくることを予感しているソンジュ@ハン・ゴウン嬢。「何のためにこんなに偽装して生きなければならないか」疑問に感じるほど弱気になったセリフ…

sanbi_8.jpg

참 서러운 밤이군
ああ、とても寂しい夜ね
이 땅의 방황하는 청춘들이
この大地をさすらう若者達が
현해탄에 몸을 던지는 기분도 이해는 가
玄界灘に身を投げる気分も理解できるわ

(第10話シーン42 ソンジュの台詞)

続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。