スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無方向バス 218P.20L~222P.11L

  • 2012/06/30(土) 14:58:51

무방향 버스
218P.20L~222P.11L

「ぽにょっ会」のみなさん、今回の『無方向バス』ブログアップが大幅に遅れてしまって申し訳ありません~もう次回作(この本の最終話)のエントリーもはじまっているのに…。

ponyo_12_06.jpg

韓国語的に悩んだ部分はあまりありませんでした。こういう言い方をするのか~と思った部分とキム・ジュンヒョク作家らしいな…と感じた部分を紹介したいと思います。その他、お気づきになられた点などありましたら…(もう、みなさんの記憶も薄らいでしまっているかも知れませんが…)ご指摘ください~。

◆219P.8L
자취방

直訳すれば「自炊部屋」なのですが、「下宿」と訳しました。韓国で学生が一人暮らしをするとすれば、まず思い浮かぶのは「하숙」ですよね。하숙はアジュンマがいて、朝食を夕食を作ってくれて、「고시원(考試院)」は食事は出ないけど、共同のキッチンでラーメンなんかをすすっていて…さて、じゃあ、자취방は?日本でいう、学生アパートみたいなもんでしょうか?違いがわかる方…教えてください~

◆220.2L
나는 방 바닥에 어지럽혀진 종이들을 10분에 걸쳐 차곡차곡 정리한 다음 자취방을 나섰다.


僕は部屋の床に散らかっていた紙を10分かけてきちんと整理した後、下宿を後にした。

下宿で卒論を書いている時、父から受けた母の失踪を知らせる電話…その後の主人公の行動です。「取るものもとりあえず下宿を飛び出した」というのがごく普通の表現ですが、さすがキム・ジュンヒョク作家~「10分かけて」「きちんと整理した後」という相反する表現を取ることで、かえって主人公の焦燥がよく伝わってきました。

◆220.16L
누군가가 거대한 철판으로 집주위를 힘껏 내리누르는 게 아닐까 싶을 정도로 공기의 밀도가 높았다.


誰かが巨大な鉄板で家の周りを思いっきり押さえつけたのではないかと思うほど、空気の密度が高かった。

さまざまな思いをめぐらせながら汽車に乗り、実家のある街に到着した主人公が実家の門をくぐった瞬間の描写。父との関係、母の失踪…詳しくは語られていないこの家族の背負った重苦しい事情や、主人公の心情が、「巨大な鉄板で」「思いっきり押さえつける」のようなユニークな表現であらわされています。他の作品でも、「大きなものに押しつぶされる」「巨大な何ものかが覆い被さる」みたいな感覚がいくつか表現されていたような…うまく言えないけど、わかるような気がする、巨大な抑圧感…。

◆221P.L7
그래, 아무 생각 하지 말고 버스 들이 움직이는 모습을 자세히 내려다봐, 거기에 대답이 들어있어.


“そうだ、何も考えずにバスが動くのをよく見下ろしてみろ。そこに答えがあるのさ”

主人公の母の失踪の秘密を暗示するような「声」です。ごちゃごちゃした坂の上のトンネにある家から見た、バスターミナルの風景。ビジュアルな想像も刺激されて、ちょっと不思議なこのお話に対する想像がふくらみます。



漠然とした感想ばかりで、申し訳ありません~。最終回の翻訳も、こんな落第生ですが、ぜひ参加したいと思います。また、のちほど、エントリーさせていただきます!よろしくお願いします!!!

スポンサーサイト

楽器たちの図書館 133P.2L~135P.19L

  • 2011/08/21(日) 02:43:10


악기들의 도서관
133P.2L~135P.19L

akidol_01.jpg

「ぽにょっ会」のみなさん、翻訳発表、ブログ公開とも大変遅れてしまって申し訳ありません~。

まずは修正から…
133P14行目
악기 소리들이 뇌 속에서 물을 다 뽑아냈나봐요.
楽器の音が頭の中にあったものを全て抜き出したみたいです
「頭の中にあったものを」→「頭の中の水を」

次に気になったところや悩んだところを…
○133P17行目
みなさんのブログ上でも話題になっていたことですが
그 문장の「문장」の訳し方ですが
「文句」「文章」「フレーズ」…「文章」だともっと長い文のイメージがあるので「言葉」としました。
ヒゲ社長がすぐ後に続く文で「맞는 말」と言い換えていますが、この「」はストレートに言葉…なので。

○134P1行目
누군가 나를 기억해줬으면 하는 바람 같은 거 말야
誰かが僕を記憶してくれたらという願いのようなものだよ
→誰かが自分を憶えていてくれたらという願いみたいなものだよ
と訳してみました~主題である
아무것도 아닌 채로 죽는다는 건 억울하다
という言葉の意味をヒゲ社長が解いてくれた瞬間のような気がしました

そんなヒゲ社長の言葉を受けた主人公の答えは
잘 모르겠어요. 그럴지도 모르죠.
よくわかりません。そうかも知れませんね
としましたが、こんな感じでいいのでしょうか…?微妙な掛け合いなので、うまく訳せたか心配です。

○134P19行目
강습실을 새롭게 꾸미고
講習室を新しく飾って(作って)→レッスン室をリニューアルして

○135P19行目
女の子が本で読んだシタールの音についての話を聞いた主人公の言葉
그래? 그럴 수도 있겠구나.
そう?そうともいえるだろうね。
と訳してみましたが、いかがでしょうか?

ビニール狂時代 83P.11L~87P.20L

  • 2011/04/28(木) 02:05:41


비닐광 시대

83P.11L~87P.20L

今回はずいぶん時間もかかってしまい、申し訳ありませんでした。この本の文体にもだいぶ慣れてきましたが、まだまだ読むのが遅くって…お時間ある時にコメントよろしくお願いします~!

◆83P.17L
何と言っても頭を悩ませたのは、「僕」とコアラのスクラッチでの会話です~

'삐비비, 치이이칙칙키, 뚜위뚜위뚜위이, 히히피피'
'투구투구붐츠츠두두치키둥둥, 프프삐삐히치키피픽, 휘이치키치키'


並んでいる言葉に何か意味があるのかとだいぶ考えたり辞書を引いたりしてみたのですが、結局わからずに、そのまま音に置き換えて

ピビビ、チイイチッチッキ、トゥッイトゥッイトゥッイイ、ヒイピピ
トゥグトゥグブムチュチュドゥドゥチキドゥンドゥン、ププピピヒチキピピッ、フィイチキチキ

としてしまいました~意味のある言葉だったのか、そうではない音の羅列なのか、みなさん、教えてください~

◆84P.5L
내가 어떤 부분의 소리를 비틀어서 들려주면

비틀다
は「ねじる、よじる、ねじ曲げる」という意味があります
私は
「僕がどんな部分の音をねじって聞かせても」と直訳気味にしてみましたが
どうもしっくり来ません。みなさんはどんな訳にされましたか?

◆85P12L
눈이 꼭 야광 같더라니까

の中の「야광」という言葉です。そのまま訳せば「夜光」なんですが
「目が異様にギラギラしている」みたいなニュアンスでしょうか?

◆85P.20L
그건 서로 다른 유리조각들을 모아 새로운 유리창으로 만드는 일과 비슷하다.
혹은 퍼즐을 조립하는 과정과 비슷하다.
그 모든 조각을 하나의 커다란 틀로 완성시키는 순간 디제이만의 음악이 탄생하는 것이다.


それは互いに違うガラスの破片を集めて新しいガラス窓を作る仕事に似ていた。あるいはパズルを組み立てる過程と似ていた。その全ての破片を一つの大きな型として完成させる瞬間、DJだけの音楽が誕生するのだ。

ここは、疑問点というよりも印象に残った部分です。それぞれ違うガラスの破片が一つの作品になる。DJがさまざまな曲をリミックスして自分の作品に仕上げる過程になぞらえていますが、まさにこの本『楽器たちの図書館』の世界と一緒ですよね!それぞれ異なった設定の つの短編小説を組み立てて、キム・ジュンヒョク作家だけの世界が誕生する~そんな自分の創作活動を意識した表現として面白く読ませてもらった部分です~

マニュアルジェネレーション P41.11L~P45.20L

  • 2011/02/13(日) 00:22:20

매뉴얼 제너레이션
P41.11L~P45.20L

先週、担当分の翻訳を発表してから、「ぽにょっ会」のみなさんに色々なご意見をいただきました~。今週は残業が多かったので、まだ他の方々の担当分のところにコメントの書き込みに行けてませんが、一つの翻訳課題を意見交換しながら訳していくのは、とても楽しいことですね!今までご意見をいただいた部分も含めて、翻訳する時に悩んだ部分をまとめてみたいと思います。

◆その1 P41.19L~◆
“기대도 크시네. 벌써 해고시켰을 거예요. 월급은 많이 받는데 하는 일도 없고, 투정이나 부리고 말이죠.”

翻訳発表時は、パクチーム長が自分のことを言っていると解釈して「えらい頼りにされてるなぁ。もうクビになったはずですけど。月給をたくさんもらってしている仕事でもないし、だだでもこねてみましょうか。」のように訳してみましたが…

●テラさんから
パクチーム長本人ではなく、社長のことを言っているのではないかという意見をいただいて…
「月給はたくさんもらっておいて仕事はせず、文句ばかり言っているわけで。」

●ゆうさんから
やはり社長のことという前提で
「そりゃ期待し過ぎというもの。とっくに首にしているでしょうよ。月給はたっぷりもらっているのに、仕事もしないで、だだをこねているんですから。」
というご意見をいただき…この場面のシチュエーションについては…

社長が「パクチーム長と立場が逆だったら、俺をこき使ったことだろうな!」と言ったのに対し、パクチーム長が「こき使うですって?それは甘い!とっくに首にしてますよ。仕事もしないで文句ばかり言って。」と更に反撃したので、社長は観念して「執筆開始!」

●コメントチームのippoyoさんから
社長のことという前提で
「たくさん月給はもらってるのに、仕事はしないで、駄々をこねてるんでしょ」

う~ん、なるほどです!…ということでこの部分の訳は
「誰が社長なのかわからないね。お前が社長だったら、たぶん俺の手をキーボードに縛り付けてただろうな、そうだろ?」という社長の突っ込みに対してパクチーム長のキツーい一発
「大きくでましたね。とっくにクビにしてますよ。給料をたくさんもらっているのに、仕事もせずに、文句ばっかり言って」とします~

◆その2 P42.7L~◆
구조신호 같은 걸 보내 봐야 도와줄 사람도 없으니까 말야
救助信号なんてものを送らないと、助けてくれる人もいないんだから

と訳してみましたが、もひとつしっくりきません。。。
ふにゃさんのところでも、この部分は話題になっていましたね~
訳を送り出してしまってから、『韓国語文法辞典』で調べてみたら、どうやら「봐야」の「어/아/여야」の2番目の意味として、
必然的当為性を持って主張すると仮定しても、結果には何の意味もないことを表す。「~しても、してみても」の意味で使われる。
これですね…
「救助信号みたいなものを送ってみたところで、助けてくれる人もいないってことだよ」という感じでしょうか。

◆その3 P42.10L~◆
社長がパクチーム長に製品イラストのファイルを送るように命じてひと言
그거라도 보고 있어야겠다
そんなものでも見てなくちゃな
そんな(くだらない)ものでも見なくちゃ(書けないよ)というニュアンスだと解釈したのですが。。。

●テラさんから「見れば何とかなりそうだ」というコメントをいただきました~

ここも「어/아/여야」なんですよね~
…とすれば、上記の本の第一の意味。
前の説の当為性、または最小限の必然的条件であることを示す
直訳すれば…
그거라도=それでも
보고 있어야겠다=見ていればこそだ

パクチーム長のイラストを見ることが「最低限の必然的条件」と解釈すれば
「そんなものでも見なくちゃな」あたりでもいいのかな?

◆その4 P42.18L~◆
손에 쥐가 날 정도로
手がひきつるくらい
これはおなじみの「ネズミ」感たっぷりの表現。「ひきつる」または「しびれる」でオッケーですよね。

◆その5 P43.2L~◆
수습사원
これも話題になっていますね。直訳すれば「修習社員」。私は「見習い」としました。試用期間中の社員という意味でしょうか。

◆その6 P44.17L~◆
마지막 남은 행성인 ‘골프공 별’이 사라진 우주는 허공으로 가득 찰 것이고, 어디선가 하나님의 거룩한 목소리가 들려올 것이다. 나이스, 샷.
最後に残った惑星である「ゴルフボール星」が消えてしまった宇宙は虚空で満たされ、どこかで神の神聖な声が聞こえるだろう。「ナイス・ショット!」
ここは好きなシーンです。まるでSFショート・ショートを読んでいるような…。キム・ジュンヒョク作家の独特の感性がとても面白いですね~。

◆その7 P45.2L~◆
거지같은 이름이네
気にくわない名前だな
この部分はすでに色々なご意見をいただきました。「ありえねー名前」(おけいはん。さん)、「ろくでもない名前」(テラさん、ippoyoさん)、「イケてない」(nikkaさん)など。。。社長のキャラにはどの言い方がぴったりくるでしょうか?


以上が担当分で悩んだ部分です~。いきなりパク・チーム長と社長と会話からはじまったので、二人の掛け合いのようなやり取りが、とても難しかったです。二人の会話と対照的だったのは、社長の心象表現。PCのカーソルを救助信号に見立てたり、「ゴルフボール星」をめぐる想像の部分が独特の面白さがあって、とても楽しめました~。

私の担当分の次は
nikkaさんのブログへ

マニュアル・ジェネレーション担当分打ち込みました!

  • 2011/01/31(月) 01:52:19

日曜日を利用して、今回初めて参加している「ぽにょっ会」の翻訳課題「マニュアル・ジェネレーション」担当分の打ち込み作業をしました。32Pの短編とはいえ、初めてまともに通しで読む韓国語の小説なので、かな~り時間がかかっています。まず、最初に辞書なしで最後まで読んで大要を把握…これがなかなか、頭に入ってこない~理解できない~。それから知らない単語を辞書で引き引き読み進めています。

ponyo_01.jpg

自分の担当分(約4ページ)だけは、韓国文もノートに書き出して、逐語訳をして、それを見ながら、パソコンのテキストに打ち込む時に、日本語らしい?訳に直しながら作業をしています。
主人公がなぜ「マニュアルオタク」になったかが説明される導入部分が終わり、マニュアル制作会社の社長である主人公と、主人公の好敵手兼社員のパク・チーム長の毒舌合戦から始まるのが、私の分担している部分の内容です。
主人公とパク・チーム長のやり取りは、「毒を含んだ独特のお洒落さ」があって、その辺の感じがうまく訳せたらなぁ~と思っています。二人の会話とは対照的に、主人公がマニュアルの文章を考えながら、想像に浸る部分は、キム・ジュンヒョク作家独特の少し風変わりな感性が発揮されていて、オチのないSFショート・ショートのようです。(なんのこっちゃ)
そんな中でも、訳出しにくい言葉がちらほらと…。たとえば…


손에 쥐가 날 정도로
(42P18行)
(手、手のひら)に(ネズミ)?
思わず手の上にネズミが乗っかっている状態を想像…

辞書を引いたら、「」には「こむらがえり、けいれん、しびれ、ひきつけ」という意味があって、「쥐가 나다」で「けいれんする、ひきつる」という意味になるそうな…。ということで「手がひきつるくらいに」と訳してみました。…しかし、どうしても手の上にネズミが乗っかって手を硬直させている状態を想像してしまう…。

거지 같은 이름
(45P2行)
直訳すれば、거지(乞食)みたいな名前
ですが…

ソ・ヨンウンさんの2010年のヒット曲に 『이 거지같은 말』というのがありますが、訳出は色々です。거지を嘘(거짓)と解釈して「この嘘みたいな言葉」としている訳もありました。韓国で大ヒットしたドラマ「シークレット・ガーデン」でペク・ジヨンが歌った『그여자』という曲の中でも「이 바람같은 사랑 이 거지같은 사랑」という歌詞があり、よく使われる表現のようです~。ネイティブの韓国語の先生にお聞きしたら、「良くない…」みたいな感じかな?と教えていただきましたが、どうやら、単に善し悪しの評価だけじゃなくて「不快・気に入らない」などの嫌悪感が入ってくる、感覚的な言葉のようです。それに加えて使われ方を見ていると単なる嫌悪感だけじゃなくて「可愛さ余って憎さ百倍」的な使われ方もしているような…。「マニュアル・ジェネレーション」では、主人公が、マニュアル作を担当しているMP3プレイヤーの製品名「地球村プレイヤー」を差して、「거지 같은 이름」と言っています。思い入れのある製品なんだけど、締切に追われる自分を苦しめている原因でもあって…そんな愛憎入り交じった感情を込めて「거지 같은 이름」と言ってるんでしょうか?訳出では「気にくわない名前」としました~。

…という感じで、楽しみながら翻訳をしています。訳文の発表は2月4日前後、「マニュアル・ジェネレーション」を読んでいる方も、まだの方も、楽しみにしていてくださいね!そして、訳文に対するご意見をぜひお寄せくださいませ~。

「マニュアルジェネレーション」翻訳はじめました~

  • 2011/01/16(日) 13:21:38

みなさん~ごぶさたしています!ソウルから帰ってきてから、ためていた雑事と仕事に追われていました。一番大きかったのは、原稿用紙40枚の原稿~(泣)年末に資料集めだけはしていたのですが、書きだしたのは帰国後…今日締切だったんですが、なんとかか目処が立ちそうです。せっかくソウルで「韓国語頭」になっていたのに、一気に日本語モードに引き戻され…「これはいけない!」とソウルで買ってきた本を読み始めることにしました。

akkihyoshi.jpg
악기들의 도서관
김중혁

キム・ジュンヒョク作家の『楽器たちの図書館』(2008年)。そう、現在NHKラジオ毎日ハングル講座応用編後期「ニューウェーブ文学で感じるハングルの世界」で放送されている作品です。講座でテキストとして採用されている表題作を含めて8編の短編小説が収録されています。
ハングル講座を聞いているみなさんはおわかりのように、キム・ジュンヒョク作家の文体は、比較的平易で、一文が短いので、初学者にも読みやすいかな…と思って、光化門の教保文庫で購入(10000W)してきました。韓国に行くたびに、本や雑誌を購入してきますが、興味があったり必要な部分を拾い読みをするだけで、一冊の本を読み通したことはありません。(リュジン氏が登場している雑誌のインタビューは必死で読みますが…)

2011年は「韓国語の本を読めるようになろう!」を目標に、この本から始めることにしました。でも…知らない単語、???な表現を試行錯誤で日本語に置き換えて読んでみても…自分の解釈が合っているのか、間違っているのか、調べる方法がありません。むむむ…と悩んでいる時に、ネット上でメンバーを集めて、この本の翻訳をしているグループ「ぽにょっ会」の存在を知りました。

◆お世話いただいているテラさんのブログ◆
うりちべおみょん


世話人さんのブログでエントリーを募集して、メーリングリスト(ML)に登録した上で分担を決めて、期日までにMLに翻訳した内容を流し、自分のブログでも翻訳結果を記事にして、意見交換をする…という仕組みです。具体的に翻訳を分担する「翻訳班」と、分担には入らないけど意見交換には参加する「コメント参加」があります。

私のレベルでは、いきなり翻訳班は厳しいかな…とも思ったのですが、どうせ参加するなら、ノルマがあった方が…と思い、翻訳班で参加することにしました。このような仕組みを作ってくれた世話人のみなさんに感謝!です。

『楽器たちの図書館』の連作のうち、第1話の「自動ピアノ」は昨年末に翻訳が終わっていて、今回翻訳を行う「マニュアルジェネレーション(매뉴얼 제너레이션)」(全32ページ)は2話目となります。今回の日程は1月15日エントリー締切、17日分担発表、2月4日翻訳発表の予定です。

MLのコメントを見ていると、みなさん辞書を引かずに、ざっと内容を把握して、かなりのハイスピートで翻訳されているような…(汗)私はともかく辞書にかじりつきながら、逐語訳をして、そこから日本語として自然な翻訳に変えていかないとできそうもありません~。だんだん慣れていけば、スピードも上がるかな?「韓国語の本を読めるようになる」を目標にがんばりたいと思います。教保文庫のHPから会員登録をすれば、海外からでも本を入手することができますので(ネット割引あり・ただし送料がかかります~)、興味がある方は次回からぜひご一緒にいかがでしょうか?私の分担分の翻訳結果は、このブログで随時報告します~どうしてもわからない表現、単語など、教えてください~。



さて、冬眠中のリュジン氏…年末年始、韓国でゲットしてきた情報によれば、よく風邪を引く長男のチャニョン君を連れて病院通いをしながら、次回作(映画?)に向けて、ジムに通って、体力づくりに励んでいるようです~早く次回作の正式発表があれば、一安心なんですが、TVと違って、きっと色々あるんでしょうね~話が立ち消えにならないことだけを祈りたい~今は厳しい冬ですが、春には私たちの前に颯爽とした姿で登場してほしいです(祈)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。