スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBCスペシャル 秋、尹東柱を想う

  • 2012/01/18(水) 02:13:00

MBC 스페셜
가을 윤동주 생각

MBCスペシャル
秋、尹東柱を想う
kauru_donjyu_01.jpg

今夜は、少し遅い夕食をとりながら、今朝8時20分からKNTVで放送されていたMBCスペシャル『秋、尹東柱を想う』の録画を見ました。韓国では昨年11月4日に放送されていたドキュメンタリーです。

高麗大に留学中の一人の日本人女性が、詩人尹東柱の足跡をたどりながら、尹東柱の魅力に魅せられた日本の人々の活動を追う内容です。延世大学、立教大学、同志社大学、宇治川の詩碑建立運動、最後の地となった福岡…。研究者や、茨木のり子氏のような著名な詩人、ごく普通の市民まで。尹東柱に対する思いを同じくするさまざまな日本人たちが、彼の足跡、思想、詩、拘束の理由、最後の様子を少しづつ明らかにしていく様子が描かれています。

尹東柱に思いを寄せる日本人の情熱の源は何だろうと考えさせられました。時代を越えて読むものの心を打つ、詩人の言葉の力。美しく純粋な詩人の「生」と無残に断ち切られた「生」。その背景となった時代に対する贖罪と平和への思い。

レポーターが最後に訪ねた尹東柱の甥、윤인석氏の言葉「私たちの民族史の全てのものを、象徴的に抱いて亡くなり、その痛みや苦しみを、研ぎ澄まされた言葉で純粋に、どの方向にも偏らずに、文学的な自由を解き放った方なので、多くの人々が愛し、海外まで知られて、特に日本の人々は、彼の「生」と、そこから生まれた詩を読みながら、色々なことを考えておられるのでしょう…。そうですね…私も、伯父を人生の目標にして生きて来ました。」微笑みながら自然体で語る姿が印象的でした

スポンサーサイト

第24回韓国語能力試験の結果

  • 2011/11/10(木) 22:15:44

超久しぶりの韓国語の話題…しかも、リュジン氏来日2日前で浮き足立っている時に、こんな話もなんなんですが…
9月に受験していた「韓国語能力試験」の結果発表が11月9日にありました~今回、無謀にも中級と高級のダブル受験に挑戦!「韓国語能力試験」は試験時間が長いので(1時限90分×2時限=3時間)、両方の級を受験すると、1日で6時間試験を受けなければいけないというハードさ…。正直、死にそうでした~

24noryoku_01.jpg
その結果…
◆中級◆
語彙・文法70点・書取73点・聞取86点・読解78点
合計307点

(4級合格)

◆高級◆
語彙・文法52点・書取55点・聞取37点・読解74点
合計218点

(5級合格基準点を超えているが
聞き取りが40点以下のため不合格)

以上のような結果になりました~高級の聞取が足切り(40点)に引っ掛かってしまったのが悔しいですが、これも実力~!リュジン氏が朗読する韓国語の聞き取りだったら、満点を取って6級合格できていたかも…?冗談はさておき、次回からは、高級に専念できるので、試験時間が短くなって嬉しいです!

2011年当初に密かに立てた韓国語の目標が、ハングル検定準2級、韓国語能力試験4級だったのですが、ハングル検定準2級は6月に、能力試験4級は今回の試験で達成できました。あぁ~これで、心おきなくファンミに行ける…2012年の目標はハン検2級、能力試験5級?いいえ、試験より何よりリュジン氏と自由自在に話せること!引き続き勉強もがんばります!!

韓国語ジャーナル34号に二人の詩人が…

  • 2010/09/25(土) 01:33:47

いよいよ明日(もう今日!)から百済旅行です。今回の旅行の手配をしてくれた韓国の方へのおみやげを買いに行ったついでに書店に立ち寄ると、『韓国語ジャーナル34号』が発売になっていました。パラパラとめくってみると、「おっ!」「おおぉっ!」残念ながらリュジン氏が登場していたのではありません。蓮池薫氏の連載「韓国現代詩を味わう」で、チョン・ジヨンの「故郷」が紹介されていて、その数ページ後には、「尹東柱を読む」の特集が~。

donjyu_100924.jpg
荷物の中に
『韓国語ジャーナル34号』
を入れて行ってきます~

●第8話 スヒョンの「故郷」 その2 北に消えた詩人「鄭芝溶」
●京都に学んだ二人の詩人 尹東柱 ユン・ドンジュ
●京都に学んだ二人の詩人 鄭芝溶 チョン・ジヨン
●Carry me back to old Virginny
●「十字架」 尹東柱からイ・スヒョンへ
●冷たい月光が照らすもの… 「尹東柱 弟の印象画」
●抒情の力『空と風と星の詩人 尹東柱評伝』 その1
●抒情の力『空と風と星の詩人 尹東柱評伝』 その2
●尹東柱の歩いた道~同志社から立教へ

ナン ケンチャナヨ…何をしているかというと…

  • 2010/09/20(月) 02:11:46

「便りがないのは、無事な証拠?」なんて、言葉がありますが、更新がないわが家の状況に、にょろさんからご心配?のコメントをいただきました~コマスミダ~。決して「国外逃亡」はしていませんよ~。リュジン氏の消息が入ってこないのと、仕事がいそがしいのとで、こんなにご無沙汰になってしまいました!
リュジン氏は、9月9日行われた女優のパン・ウニさん(『千万回愛してる』ソンヨンの叔母、『総合病院2』肝臓移植希望の患者)の結婚式に出席したらしいのですが、写真などは全く報道されず~。近況もピタリと止まったまま…。次の仕事に向けて、充電中&良きアッパーとしての日々を過ごしているのではないかな~と思いますが…。

kurimu_01.jpg

そんなこんなで、近況は、また韓国語の話題~なかなか進歩しない韓国語に「喝!」を入れるために、最近、文法や単語をビジュアルに書いて覚えることにしています↑
お見せできるような上手な「絵」「文字」ではありませんが、単語や文法の意味を考えながら、イラストに色(12色の色鉛筆)を塗っていると、文字だけでノートに整理するより、印象に残るような…。

もちろん『国家が呼ぶ』の日本語字幕版も見てますよ~。先週からやっとハン・ドフンが本格始動!リュジン氏演じる、可愛いけど、間抜けで、ちょっと切ないドフンに、日本のファンのみなさんから、どんな反響があるのか…?感想をぜひお聞かせくださいね~。

ドフンに会えない月曜日…と韓国語学習の近況

  • 2010/07/05(月) 02:11:12

ドフンのいない月曜日がやって来ました…。仕事でバタバタしていたせいもあるんですが、『国家が呼ぶ』が終わって、少し放心状態~。蒸し暑い気候のせいもあって、ぐったりして一週間が過ぎてしまった!

kuka_20.jpg

ドラマを終えたリュジン氏は…チャノ君のオムツ替えをしたり、チャニョン君を連れて公園に行ったり…?きっとドラマ撮影中、思うようにできなかった家族との時間を楽しんでいるんでしょうか?

リュジン氏の新しいお仕事が決まるまで…がんばらなくちゃいけないのは「韓国語!」…しかし、1月から通っている土曜日午後の教室は、7~8月の2ヶ月間は여름방학(夏期休暇)になります。その間、通える教室を探していたら…ありました!家から比較的近いところで、しかも、週1回、午後8時45分から10時15分というスパルタな時間設定~。

ネットの案内では木内明氏の『基礎から学ぶ韓国語 中級』がテキストと書いてあったので、ちょうどいいかな…と思って見学に行ってみると、実際は『가나다Korean』のAdvanced(上級)1を使った5人程度のグループ・レッスン。5月のプチ留学でも『가나다Korean』を使っていましたが、中級1の25課までしかやっていません…。自分には少々難しいかな…と思いつつ、ネイティブの先生の気さくな人柄にも引かれて通うことにしました…。

…ということで、水曜の夜は韓国語をがんばることになりました♪
リュジン氏…9月までは水木ドラマに出ないでね…。

野間ソンセンニム最新作 『ハングルの誕生』発売!

  • 2010/05/27(木) 02:36:03

私が2008年に夢中になって聞いた「ベスト・オブ・ラジオ講座」『アンコール アンニョンハシムニカ ハングル講座 応用編』(2004年7~9月の再放送)の講師、野間秀樹ソンセンニムの新書が発売されました!

noma_hangle.jpg
『ハングルの誕生 音から文字を創る』
平凡社選書
980円(税別)

今日手にしたばかりで、まだ斜め読みですが、さすが野間ソンセンニム、新書を「超えた」内容です。単なる韓国語の解説書ではなく、「ハングル=訓民正音」という〈文字〉について、その「真の面白さ、深さを広くエクリチュール(フランス語で「書かれたもの」の意)への言語学的、文学論的な視座、〈知〉という視座から描いた」思想書のような本…。

空気の揺らぎを言語音として私たちが聴く、そうした営みの中で成り立つ〈話されたことば〉は、そもそもどうして〈文字という視覚的な仕掛け〉を通した〈書かれたことば〉になりうるのだろうか。ハングルの仕組みを見据える中で、私たちは〈音が文字となる〉驚くべきシステムを目の当たりにすることになろう。ハングルを見る中で、一つの文字体系を知るに留まらず、ことばや、音と文字をめぐる普遍的なありようを見ることができるであろう。(本書「はじめに」より)

これだけでは、何やら難しい本のように感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、そこは我らが?野間ソンセンニム。日本語との比較も交えて、韓国語学習者はもちろん、一般の読者にも読みやすい題材を通じて、ハングルの〈知〉の深淵に私たちを楽しく招待してくれます~。きちんと読み終えてから、改めて感想を書きたいと思います。みなさんも是非、お手に取って見てください~!!

パボなドフンと復習ハジャ… その1 間接話法

  • 2010/05/15(土) 19:33:26

リュジン氏に始まり、リュジン氏に終わった感のある今回の韓国滞在ですが、「一応」主目的だった語学研修で何をしていたか。。。復習を兼ねて、紹介したいと思います。1日目はオリエンテーションの後、2時間のレベルテスト(筆記と面接)、休憩の後で初級・中級・高級にわかれて、発音トレーニング。そして…翌日、クラスが決まった後の初授業(5月4日)は…まず間接話法(간접화법)のお勉強~
確かに、レベルテストでも、このあたりでつまづいていたのでした~(泣)

kuka_parpyo_01.jpg

간접화법
間接話法:Indirect speech form

다른 사람에게 들은 이야기를 전하거나 일반적인 사실을 말할 때
직접화법이나 간접화법으로 사용합니다

他人に聞いた話を伝えたり、一般的な事実を話す時
直接話法や間接話法を使用します

続きを読む

韓国語学習 今日このごろ

  • 2010/03/14(日) 23:39:23

『1000万回愛してる(千万回愛してます)』のリアル視聴が終了…さて、次の目標は?。さぼっていた韓国語の勉強に向けてモチベーションを高めなくちゃ!ということで、土曜日に韓国語学習のセミナーに行ってきました。韓国語講師のネットワークの主催なので、学習者の私が参加して、ついていけるのかと思いつつ、恐る恐るの参加です。

hanguk_muna_02.jpg

続きを読む

尹東柱の歩いた道~同志社から立教へ

  • 2010/02/11(木) 23:51:06

今日から東京に来ています。池袋から地下鉄で2駅の場所で会議があったので、昼食休憩の時間に立教大学に行ってきました。さきほどホテルに帰ってきてyukippeさんのコメントを見て「ドキッ」!命日(2月16日)の近い尹東柱が呼んでいる?のでしょうか?

100211rikyo_01.jpg
立教大学 本館(1号館:モリス館) 1918年
どことなく、尹東柱の母校延世大学に似ていませんか?
ほぼ同時期の建物です

続きを読む

雨の降る日は… ピ オヌン ナレン

  • 2010/01/21(木) 23:46:24

御所さまのブログでご紹介のあった『ハングルの愉快な迷宮』(戸田郁子:講談社α文庫)を読んでいます。文章のわかりやすさ、面白さには定評のある戸田さんの作品。韓国人と結婚、仕事をしながら子育てもし「嫁」としての勤めも果たして、韓国社会にどっぷりと浸かっている著者。日本人としての「外」からの視点を生かして、愛情たっぷりに韓国の習慣、文化、言語が紹介されています。

hanguru_meikyu_01.jpg
この本の中でちょっと「おっ!」と思ったのが…
비 오는 날엔
雨の降る日は

という章…

続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。